東京メトロ東西線葛西駅にある肩こり、腰痛、手足のしびれの施術が得意な整体院です

葛西整体院


冬になる嫌な病気

この時期に多い『しもやけ』『あかぎれ』なりたくはないですよね。
両方とも病気の一種なんです。しもやけは凍瘡(とうそう)、あかぎれは亀裂性湿疹と言います。
原因はご存知でしょうか?
  1. しもやけは寒暖の差で血液循環が悪くなり、抹消血管のコントロール不良でなってしまいます
  2. あかぎれは乾燥などで脂分や水分がなくなってしまい、皮膚の溝が深くなり、修復出来ないことで傷口になります
しもやけやあかぎれの予防のためには、「保温」が第一!!

予防とケアの方法を説明しましょう

①しもやけ。防寒対策と血流アップ!

寒さは大敵です。靴下や手袋をして冷えから身を守るのが大事!
ただし、身体が温まり過ぎて、手足の汗を放置すると水分が蒸発する時に冷えてしまいます。
その温度差が原因になる時もあるため、汗をかいたらこまめに取り換える事を心掛けましょう。
また、末端の毛細血管に血液が届きづらくなり、血行不良により痛みが出てしまいます。
そうならない様にお風呂でマッサージしたり、お風呂あがりのストレッチもイイでしょう。

②あかぎれ。乾燥状態をケアする!

保湿クリームや薬を塗り、乾燥させない!というのが大事。
乾燥して皮脂や水分が失われると、皮膚のバリア機能が低下してしまい、ひび割れが起こり易くなってしまいます。
また、水を使う時にはゴム手袋をするなど、手を水に触れさせないというのもありですね。
あかぎれの傷だったら、普通の絆創膏より水絆創膏の方が良いでしょう!!(最近、愛用中です!)
貼りづらい場所にもすっと塗るだけで大丈夫なのでおススメです。

↓下記の図↓を見てみましょう img02.jpg
右の様な乾燥した肌にならない為にも‥‥
先ずは『保温』!!
そして、しもやけには「血行促進」、あかぎれには「保湿」と「保護」が大切です。

皆さんも予防とケアを徹底して、ならない様に注意しましょう!!

葛西整体院!!
LINE@
始めました!!
友だち追加

副院長 岩田

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

葛西整体院のご案内

住      所:
〒134-0083
東京都江戸川区中葛西3-14-1 フィエルテ1F
アクセス:
東京メトロ東西線葛西駅より徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
03-5676-1677
受付時間:
平日 午前10:00~午後8:00
土・日・祝 午前10:00~午後4:00
定休日:
年中無休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ