目の日焼け

肌が日焼けをする様に『目』も日焼けをします。
放置してしまうとどうなってしまうのか‥

実は肌が黒くなったり、シミやそばかすが増えてしまうって知っていましたか?!

それは関係ない!!と思いきや、大いに関係があるんです!!

  • 目から紫外線が入ると、脳下垂体という場所から『インテルメジン』というホルモンが分泌されます。
    このインテルメジンがメラニン細胞を活性化させ、メラニン色素が作られます。
    この”メラニン色素”は、紫外線による皮膚の細胞破壊などを防ぎますが、過剰に作られるとシミやそばかすの原因になってしまうんです。

  1. 日本人は、欧米人と比べて、目から紫外線を浴びやすい
    最近の研究で、日本人は欧米人の約1.6倍の紫外線を浴びていると言われています。目の彫りが深くない骨格の日本人は、様々な角度から光が侵入しやすいため、紫外線の影響を受けやすいのです。                                          
  2. 紫外線を浴びすぎると病気や失明の可能性が高まる
    紫外線により角膜がダメージを受けて、充血やヒリつく痛みの原因になるほか、目の病気につながることがあります。例えば、“角膜炎”“白内障”“加齢黄斑変性”などは紫外線によるダメージの蓄積が一因だと言われています。

正しい紫外線対策を知ろう

  • サングラスをかけよう
    まずは紫外線に直接目をさらさない事が大事になります。UVカットが施された物を日常的にかけるようにしましょう!そして流行りのフレームが大きい物をチョイスして目の周りもカバー出来ると一石二鳥です!
     
  • 目薬をさす
    少しでも紫外線を浴びたなぁと思ったら目薬をさす様に心掛けましょう!知らぬ間に紫外線に触れているかもしれません。角膜へのダメージを修復してくれる成分(ビタミンB2やコンドロイチン)が入っている目薬を選びましょう!

     副院長 岩田