おそろしい思い込み

folder未分類

こんにちは。
葛西整体院スタッフの鈴木です。
寒いですね。
ここのところ、最低気温が5℃を下回る日が多く
うっかり床で寝ていると風邪をひきそうです。
みなさんもお気をつけください。

このあいだ、キュウリの漬物を食べたら
激痛が走りました。
歯医者さんに聞いても痛みの原因は不明。
とりあえず、奥歯の噛み合わせを調整し、抗生物質を処方してもらいました。

自分で歯の痛みについて調べたら、
食生活での良くない習慣が発覚しました。

それは
間食が多いこと
寝る前に甘いものを食べること
です。

これまで、おやつを食べても歯磨きしたら大丈夫だと思っていました。
全然違いました!

そもそも大人の口の中には、500種類くらいの細菌が生息しているそうです。
その数およそ5000億個!!!
歯をよく磨いている人でも1000億個くらいはいるそう。
つまり、いくら歯磨きをしっかりしたところで、菌を無くすことはできません。

食事をすると、虫歯菌は食べ物から酸をつくり歯を溶かします。
しかし、唾液によって歯は再石灰化します。

ところが間食が多いと、再石灰化の時間が取れず、歯はどんどん溶けてしまいます。

また、寝ているあいだ唾液は分泌される量が少なくなります。
寝る直前の食事は、口内が酸性に傾いたままになりよくありません。いくら歯をしっかり磨いても、おやつを何度も食べるのは良くなかったんですね。

しかし、アイスは晩ごはんのあと、すぐに食べれば大丈夫(笑)!!